子供の腰痛

子供の腰痛

現代において、腰痛は大人だけの問題ではなくなっています
生活環境の変化によることが多いと思われますが、近ごろは子供の腰痛が増えてきています。
子供の腰痛の主な原因は、「悪い姿勢」と「激しい運動」と考えられます。

姿勢の悪い状態で長時間のテレビゲームをする事、腹這いの状態で本を読む事、椅子の座り方が悪いために机に向かう姿勢が乱れる事など、様々な事が考えられます。

子供の骨は成長の段階であり、大人よりも柔らかいため、悪い姿勢の影響を受けやすくなります。
テレビゲームの普及によって、必然的に外で遊ぶという機会が少なくなり、運動不足になることに加えて、姿勢の悪さからくる身体の歪みから腰痛になりやすくなります。

また、激しい運動を行なうことも、子供が腰痛にかかる1つの原因となります。
勿論、外で運動したり遊んだりすることは、骨の発達においても大切な事なのですが、極端にハードなスポーツを毎日行なうと、疲労骨折などを起こしやすく腰痛の発生原因となります。

高校生くらいになると骨の成長も終わり、疲労骨折の危険は少なくなるといわれていますが、小・中学生の激しいスポーツは、時に疲労骨折による「腰椎分離症」引き起こす場合もあります。

腰椎分離症は、発生した直後はさほど痛みを感じない事が多く、放置される場合がありますが、時間が経過して成人になるにつれて、症状が悪くなるという特徴があります。

小・中学生で激しいスポーツを行なっている方は、定期的にメディカルチャックを受けることをお勧めします。
疲労骨折は、若年層の場合早い段階での治療で「骨癒合」できることが殆どです。