急性腰痛症

急性腰痛症

急性腰痛症は、 俗にぎっくり腰と呼ばれているもので、重いものを持った時や急に体をねじった時におこる急性の腰痛のことです。
欧米ではその病態から「魔女の一撃」とも呼ばれていて、激痛を伴う事が特徴です。

原因は、
・腰椎椎間関節の捻挫・椎間関節の関節包のめくれ、ねじれ
・腰背筋の筋膜損傷(肉離れ)
・腰椎椎間板ヘルニア
などが考えられます。

症状には個人差がありますが、激痛の為に歩くことは勿論、身体を動かすことが困難となります。

前かがみになったり、横向きで寝ることで症状が軽くなる人が多いのですが、注意しなくてはならないのは、急性腰痛症の中には一般的なぎっくり腰以外の病気が原因となっている場合がありますので、痛みが軽減した時に医師の診断を受けるようにします。

1か月以上腰痛が続く場合や、足に痺れがある、尿回数が増えた、尿失禁があるという場合などは、危険なサインだと思って下さい。

ぎっくり腰で腰痛が起こった場合、楽な姿勢で安静にしていることで自然治癒することが殆どです。
急性期の痛みが激しい時には、市販のシップ薬を貼ったり、痛み止めを服用してもかまいません。

しかし、痛みが軽くなってきたら安静を維持する必要はなく、無理しない範囲で日常生活に戻っていくことが必要です。
長期間の安静は、逆に回復が遅れることがあります。

病院では、痛みを抑える非ステロイド性消炎鎮痛薬の内服や座薬、貼付剤が処方されます。腰背筋の肉離れの場合には筋弛緩薬が処方されることがあります。

コルセットを装着する場合もあります。
激しい痛みが続く場合には、ブロック注射を行うこともあります。
注射は、症状に応じて硬膜外ブロックや椎間関節ブロック、トリガーポイント注射などがあります

一度ぎっくり腰になると、その後も所謂「クセ」となって繰り返す事があります。
これは、過去に傷めた腰の関節が、加齢や老化によって緩みやすくなっているためだと考えられます。

再発を防ぐため腰の骨を支える筋肉や靭帯を鍛えることが重要です。
痛みがおさまったなら、日ごろから筋力を強くする体操を行うように習慣づけましょう。基本は、腹筋、背筋の筋力強化とストレッチングです。