腰痛と年齢

腰痛と年齢

年齢別に腰痛の有無を調べた統計表では、20代から50代まではほぼ同じ程度の数字が出ています。
この年代では男女差にもほとんど差はありませんが、60歳を過ぎたあたりから女性の方が若干腰痛持ちの方が多くなっていますが、これは閉経後の女性が骨粗鬆症になる確率が高いからだと云えます。

大人の腰は長年の負荷により何かしら変性があって、それが痛みに繋がるものですが、
子どもが腰痛を訴えた場合は要注意です。

子どもの場合、まだ変性を迎えるほどの負荷もかかっていないし年月もたっていません。
それなのに痛みが発生するのは何らかの異常や病気を疑ってみる必要があります。

20歳を過ぎるころから背骨の老化は始まります。立ったときの負荷が大きいため体の中でも早く劣化しやすいのです。

また、若いが故の無理も腰を痛める大きな原因になると云えます。
そして、実際腰を痛めてしまったときに、安静にできないのも若い人の特徴です。
少しくらい痛いのを我慢して無理に動くと、腰の痛みは慢性化していきます。

壮年期は一番腰に負担のかかる時期といっていいでしょう。
長年の負担も相当な蓄積になっています。しかもまだまだ元気に動ける体で無理をしがちな年齢です。

いつ「ぎっくり腰」などになってもおかしくない年代といっていいでしょう。
加えて、壮年期は椎間板が変性して亀裂が入り易い年齢です。
少しの無理でも髄核が飛び出し、椎間板ヘルニアを発症する可能性はかなり高くなっていますので注意してください。

また、壮年期は仕事における地位などからストレスが重なることから、内臓疾患も気になる年代です。
それらが腰の痛みとなってサインを送ってくる場合も充分にありますので、腰痛を軽く見ないで、いろんな可能性を考えてみる必要があります。

高齢期は、長年体を支えてきた背骨はかなり老化が進行しています。
筋肉も弱っているので、体を支える力も弱まって腰の痛みを起こすことがほとんどです。
また、高齢期の特徴的な原因として骨粗しょう症が挙げられます。
特に女性に多い骨粗しょう症は、カルシウムが減少して骨がスカスカになっている状態なので、ちょっとつまづいただけで骨折してしまう事もあります。

骨粗しょう症の為に少しの衝撃で腰椎においても圧迫骨折してしまう可能性が常にあります。
正しい配列されている脊椎でも、一部位の異常でその形は変わり、痛みの発生原因となります。

若いうちから栄養バランスを考えたきちんとした食生活を心がけなければなりません。