湿布は温感、冷感どちらがいいか?

湿布は温感、冷感どちらがいいか?

湿布には冷湿布と温湿布があります。どちらを使ったらいいか、迷った経験はありませんか?

基本的には、どちらでも構いません。冷湿布であればひんやりさせるメントール成分、温湿布であればポカポカさせる唐辛子成分(カプサイシン)が染み込ませてあります。どちらを使っても筋肉の温度にそれほどの変化はきたさないといわれています。冷たく感じたほうが気持ちよければ冷湿布を、温めたほうが楽になるなら温湿布を使えばいいかと思います。「心地良い」という感覚が、脳に伝わって痛みを和らげてくれるのです。

しかし、皮膚の温度には若干の変化はでるようです。そのためぎっくり腰のように急激に炎症が起こったときには、皮膚だけとはいえ温度を上げる可能性のある温湿布は避けたほうがいいでしょう。一方で、血行不良により慢性的に痛みが生じている場合には、唐辛子成分の温めて血流を増やすという作用を期待して、温湿布を使ってみるのもいいかもしれません。

湿布薬の薬は、大部分は皮膚の下に溜まっており、飲み薬ほど血管の中に入ってはいきません。それでも湿布薬だからといってやたらベタベタ貼りすぎるのもよくないです。全身が痛くて1日何十枚も貼っている人が、胃腸障害を起こす例もありますので、使い方には注意しましょう。