ストレスと腰痛

ストレスと腰痛

ストレスが腰痛の原因となることがわかってきています。
腰痛は、精神的なストレス、肉体的なストレスのほか、環境からのストレスによっても引き起こされます。

精神的なストレスが腰痛という形であらわれることは多く、背景に鬱や心身症が隠れているケースがよくあります。

慢性的な腰痛で、原因が不明とされてきたケースには、かなりの割合で心因性腰痛が含まれていると考えられています。

慢性腰痛を訴える患者さんの約8割には抑うつ状態が見られるとも言われており、外傷性や精神的ストレスなどの心の問題が腰痛に大きく関係していることは事実といえます。

仕事上の問題、家庭内の不和など、さまざまな問題がストレスとなって腰痛を増悪させている事が考えられます。

腰に痛みが出たときには精神的な理由がある可能性も考え、休養や睡眠をとる、気分転換を心がける、適度に運動するなどで対処してみて下さい。

また、腰痛の他にも、気分が落ち込む、不安定になる、気力が出ないなどといった症状がある場合には、心療内科や精神科で診察を受ける事も必要です。

肉体的なストレスは、長時間重い物を持ち運んでいた、長時間立ちっぱなしでいた、長い距離を歩いたなどの場合に起こります。

先ずは「姿勢」を改善し、長時間の同一動作を強いられるときには、こまめに休息をとり体を動かす事、腰痛体操などで対処します。

環境によるストレスは、気温や気圧、湿度の変化、冷えなどがあります。
冷えたとき、低気圧が近づいているときには腰痛が出やすくなります。
暑すぎる又は寒すぎる場所にいること、湿度が高すぎる又は低すぎる場所にいることは、それだけでもストレスになります。
腰痛持ちの人は天気や気候の変化にも気をつけ、体を冷やさないようにすることが大切です。

ストレスの解消法はストレスの原因によっても違いますが、深呼吸をしたり、ぬるめのお風呂にゆっくりとつかったり、散歩、ツボ刺激、音楽鑑賞、スポーツなど、いろんな方法があります。

繰り返し行っても生活に支障がなく、楽しいことをすることがストレス解消の基本です。