女性特有の腰痛を改善する漢方薬

女性特有の腰痛を改善する漢方薬

生理にともなうものなど女性ホルモンの変化による腰痛、また、子宮筋腫や卵巣嚢腫といった婦人病からくる腰痛をやわらげてくれる漢方薬もたくさんあります。こういった漢方薬は腰痛ばかりではなく、冷えや生理不順などの悩みも一緒に改善し、体の調子を整えてくれます。ここでは、女性特有の腰痛におすすめの漢方薬を紹介します。漢方を扱う婦人科や漢方薬局で自分の体質にあったものを選んでもらいましょう。

【桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)】

比較的体力があり、のぼせやすい人の瘀血からくる症状に効果があります。ホルモンバランスを整え、頭痛、肩こり、めまい、下腹部痛、下半身の冷え、生理不順、性器出血などの症状を改善します。

【加味逍遥散(かみしょうようさん)】

更年期障害や自律神経失調からくる諸症状に用いられます。体力・体質ともに虚弱なタイプに処方します。主に、肩こり、腰痛、頭痛、不安、不眠、イライラ、めまい、上半身の熱感などを解消し、生理周期を整える効果があります。

【当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)】

体力があまりなく、貧血がみられ、冷え、軽いむくみ、腰痛などがある人に処方されます。ホルモンバランスを整え、腰痛のほか、頭痛、めまい、生理不順、生理痛、耳鳴りなどの症状を改善します。

【桃核承気湯(とうかくじょうきとう)】

体力が十分にある人の生理不順、のぼせ、便秘などの症状に用いられます。血液循環を促す効果があり、腰痛の改善だけでなく、便秘、不安、イライラ、不眠、興奮などの精神症状、のぼせにも効果があります。

【通導散(つうどうさん)】

比較的体力も体格もあり、便秘がちな人の瘀血症状の改善に用いられます。腰痛を始めとして、のぼせ、頭痛、めまい、肩こり、不眠、不安などを改善する作用があります。更年期障害や、生理不順、生理痛にも効きます。