ツボと鍼灸治療

ツボと鍼灸治療

鍼灸治療も腰痛対策の選択肢のひとつです。個人差がありますが、体質にあえば、かなりの効果が期待できるようです。あくまでも痛みなどの症状をやわらげるものですが、試してみるものいいでしょう。

東洋医学では、内臓と体の表面が経絡といわれる道でつながっているとしてます。体に異変が生じると経絡の上にしこりやへこみ、圧痛点が生じると考えられており、これがいわゆるツボです。

ツボは、神経の分岐点や、骨、関節、筋肉のくぼみ、動脈が脈打っている場所などにあるといわれます。これらのつぼを鍼や灸で刺激して健康な状態にするのが鍼灸治療です。鍼や灸は、長期間続ければいいというものではなく、効く場合は、すぐに効果がみられます。効果がみられれば、続けてみるといいでしょう。

鍼治療は専門の治療院などで受けれますが、ツボをよく知っておけば、自宅で指圧を行なうことも可能でしょう。自分でツボを押してみたり、家族に軽く指圧してもらうのもいいでしょう。

指圧のポイントは、あまり強く押しすぎないこと、食後は避けること、やり過ぎないことです。やり過ぎると痛みが増したり、周辺の筋肉組織を痛めてしまうことがあります。

ツボの場所は微妙に個人差があります。自分で押したりもんだりして、コリや痛みを感じるところ、心地よいところを探してみましょう。