内臓疾患からくる腰痛

内臓疾患からくる腰痛

腰痛は
・内臓疾患からくる腰痛
・背骨の変形などや疲労から起こる腰痛
・精神的要因からくる腰痛
に分けることが出来ます。

重たいものを持ち上げた、腰を打った、などの後で腰痛を発症した場合には原因が分かるのですが、思い当たる原因もないのに腰痛が起こる場合は、内臓系の疾患の疑う必要があります。

胃、腸、胆臓などの消化器官、腎臓、膀胱などの泌尿器、子宮、卵巣などの生殖器などの疾患によっても腰痛は起こります。

胃と腰の関連はあまり知られていないのですが、腰が悪くて胃が痛くなる時もありますし、逆に胃が弱くて腰痛になる場合もあります。

つまり、腰痛から内臓疾患へとつながる場合もあれば、内臓疾患から腰痛につながる場合もあるという事なのです。

内臓が弱っている時には、それらをサポートしている腹部の筋肉も衰えていき、本来筋肉がカバーしていた圧力が腰への負担となっていきます。
腰部の筋肉が圧迫されると血流が悪くなり、内臓疾患も腰痛も一緒に発症してしまうという事になるのです。

婦人科系であれば生理期間中の腰痛や、腰周辺に鈍痛を感じる人は多く、その他、女性の場合であれば子宮内膜症や子宮がんなどの疑いがあります。

また、腰痛以外に背中に痛みが起こる場合には、腎臓、膀胱、胃腸などの疾患が考えられ
ますので、早めに病院で診断を受ける必要があります。

内臓系の疾患による腰痛の場合、腰の上部の辺りが痛くなります。
腎臓や膵臓の疾患の場合、背中を叩くと背の部分から腹の部分に突き上げるような痛みが起こることが特徴です。
結石などはギックリ腰のように感じることもあるようです。

内臓疾患による腰痛は安静時にも痛みがあり、動きに関係なく痛みがあることも特徴で、脊椎関連やストレスからくる腰痛との区別がつきます。

内臓系の疾患による腰痛の場合、だんだん症状が強くなる可能性もありますので、腰痛を発症する外的要因が考えられない場合には、腰痛と侮らず医師の診断を受けて下さい。