整形外科的腰痛

整形外科的腰痛

腰痛の原因が脊椎そのものの異常によることが多く、多くの腰痛がこのタイプで、整形外科的腰痛ともいわれます。

例えば、椎間板ヘルニア、椎間板症、分離すべり症、筋・筋膜性腰痛などで、骨、関節、筋の障害があります。

この種の腰痛は、重い物をもった時に腰が痛くなるなど運動に伴って起こるので、原因がはっきりとしていることが多いのですが、思い当たる節がないという場合も多々あります

重い物を持ち上げた時や腰を捻った時など、腰に負荷がかかった時によく起こるのが、筋・筋膜の損傷、椎間関節や仙腸関節の捻挫、椎間板の損傷で、症状がひどい時には立つことも困難になる場合があります。

安静にしていれば痛みが治まり、椎間板損傷の場合を除いてはほとんどの場合で1週間~10日ほどでほぼ完治します。

しかし、機能回復が完全になされていない場合に無理をすると腰痛が慢性化してしまうこともありますので、注意が必要です。

機能不全による腰痛の場合は、動かし始めた時に痛く、少し動かしていると痛みが和らぐ、又は痛みがなくなるという特徴があります。

骨粗鬆症の人は腰痛だけでなく圧迫骨折を起こすことがあり、その場合、痛みが長引くことがあります。
だからといってあまり長く安静にしていると筋の萎縮や関節機能障害を招いてしまいますので、ある程度痛みがなくなったら早めにリハビリを開始するようにしましょう。

慢性関節リウマチによって起こる関節の変形でも進行性の腰痛を起こしますが、医師の指導のもと運動療法を行えば、関節機能の低下はある程度防げます。