加齢による腰痛

加齢による腰痛

腰痛は高齢者に限った症状ではなく、近年では生活習慣や社会の変化によって若い方にも腰痛を訴える方が増えています。

しかし、年齢を重ねるとともに腰痛になる可能性が高くなるのも確かで、特に40歳を過ぎると椎間板の機能も衰えたり、また関節軟骨が磨り減ってくることから、それが引き金となって腰痛を起こすことがあります。

椎間板は、脊椎が上体の重量を支える為に重要な役割を担っています。
椎間板の中心部は髄核、その周囲を線維輪が囲み、骨との結合部に終板があります。
髄核は椎間板のクッションの役割を担っているところで、コラーゲンとヒアルロン酸などの成分から成り立っており、水分含有が約80%とされています。

椎間板の水分は加齢とともに減少し、水分量が少なくなると弾力性がなくなり、亀裂を生じたり変形してしまうことにより、脊椎に多くの異常な負荷がかかるようになります。

また、加齢による骨密度の減少や筋力低下も腰痛の要因となります。
筋肉量の減少は20~30歳頃から始まりますので、それに伴って筋力の低下も始まります。

骨密度の減少は40歳を過ぎる頃から始まります。
脊柱を支える筋肉の中でもっとも衰えやすいのが背筋で、背筋の力が落ちると腰痛に繋がることになります。 

腰痛を防ぐには適度な運動が必要ですが、40歳を過ぎてからのトレーニングはさほど効果は期待できないかもしれません。

しかし、加齢による衰えの進行を遅らせる効果は充分にありますので、自分に合った適度な運動は継続して行いましょう。

カルシュウムを中心とした栄養を十分取ることも忘れてはなりませんね。
こうしたことは、加齢による腰痛の予防対策として、若いうちから行なって行く事が重要になります。