妊娠による腰痛

妊娠による腰痛

妊娠による腰痛は妊婦のみなさんにとって悩みの種となることがあります。
赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹を支える力も弱くなり、姿勢も変化する事から骨盤の負担が増えるとともに、腰の筋肉に一層負担がかかります。

女性は「月経前」や「妊娠3ヶ月~産後2‐3日」の間で「女性ホルモン」の1つ、「リラキシン」が分泌されます。

「リラキシン」は卵巣ホルモンの1種で、「関節を緩める」働きがあります。
出産時には約2500g~3500gの赤ちゃんが狭い骨盤を通って出てきますが、その出産をよりスムーズにするために、特に骨盤の「恥骨結合」を緩めているのが「リラキシン」です。

その際、「リラキシン」が骨盤の「恥骨結合」だけにとどまらず、骨盤を形成する靭帯・結合組織が弛緩し、仙腸関節や恥骨結合などに緩みが生じてくることになります。

骨盤の関節が緩み、身体全体が緩み、筋肉が緩んでいくことによって腰痛が出ることがあります。

その他、妊娠中はお腹が大きくなるにつれて子宮の重みを骨盤が全部支えていくことになるため、重心が前方に移動をし、背中を反らして重くなった体を支えようとします。

その為、脊柱の前弯が強まり、自然なS字湾曲が崩れ背部の筋肉や靭帯に大きな負担がかかり、腰痛を引き起こす原因となります。

妊娠による腰痛は、出産後はおさまることが殆どですが、痛みが継続するようであれば専門医の診察が必要です。

お腹の大きさや張り出し方、元々の体型などによって骨盤への負担も異なりますが、どちらにしてもお腹が大きくなると背骨に負担がかかることになりますので、腹帯やマタニティガードルで腰を支えたりするなど腰痛の予防や軽減に努めましょう。

また、お腹の赤ちゃんのためにも、妊娠中も適度な運動が必要と、言われています。
医師の指導に従って、妊婦さん各人にあった運動をする事をお勧めします。