女性の腰痛の原因

女性の腰痛の原因

女性は、女性ホルモンに筋肉を発達させない働きがあるため、男性より筋力が弱く、脊柱や骨盤に負担がかかりやすい体質といえます。特に、妊娠・出産後の前後に、仙腸関節が機能異常や炎症を起こしやすくなります。

女性は、骨盤内に卵巣と子宮という臓器をもち、子孫を残す妊娠・出産という営みを担っています。それらの臓器は、女性ホルモンによってコントロールされています。

出産のときは、子宮から出た赤ちゃんが狭い産道を通って生まれるため、妊娠するとリラキシンという女性ホルモンが分泌されて骨盤の靭帯や仙腸関節などの結合組織、筋肉をゆるめ、骨盤をひろがりやすくして赤ちゃんが安全に産道を通過できるように準備します。

そのため、赤ちゃんを出産すると、しばらく仙腸関節や筋肉、靭帯などがゆるんだままになるので、骨盤輪不安定症になりやすく、腰痛を招いたり、腰痛もちだった人は、痛みがひどくなりがちといわれていますが、大部分は仙腸関節の炎症によるものです。

妊娠時および出産後の腰痛は、まず産科医、婦人科医の診察を受け、赤ちゃんと母体に異常がないことを確認してから、腰痛の治療を行なうようにしましょう。なお、妊娠時は、胎児に悪影響を与える放射線を使うX線撮影による検査はできません。

繰り返しになりますが、女性の腰痛の原因には、整形外科的な物以外に、月経や妊娠、出産に関連した女性ホルモンの働き、子宮筋腫、子宮内膜症などの子宮や卵巣の病気など、女性の体特有の臓器が原因となった腰痛が多いことから、まず、婦人科で診察を受けてから、腰痛の治療を行なうことが必要です。