急に腰痛が起きたら

急に腰痛が起きたら

急に腰痛に見舞われる急性腰痛は、いわゆる「ギックリ腰」のことですが、日常生活に支障があるほどの激しい腰痛が続く状態に陥ります。

急性の時は激しい痛みを伴うので、とにかく安静にすることが大切です。
安静にすることで2~3日で痛みは改善され、特別な治療が無くとも90%近くは2週間以内で痛みは軽減すると言われています。

原因は、蓄積された疲労が限界を迎えて痛みとなって出ることもありますが、強烈な痛みが特徴の急性腰痛は筋肉が炎症反応を起こしていることが殆どです。
このような場合、患部を温めると逆効果となり、かえって炎症反応を悪化させてしまうことがあります。

急性腰痛で大切なのは炎症を抑えることで、冷却は最も簡単で誰にでも出来る対処方法です。
炎症を抑えるのに一番効果的なのは冷やすことで、冷湿布を貼るなどして痛みのある部分を冷やすようにしましょう。

炎症がある急性腰痛は、基本的には安静にして極力動かないことが大切ですが、もしも可能なら仰向けになって、両膝を立て片足ずつゆるやかに関脚してみましょう。
それと同時に股関節の前面にある筋を圧迫し、股関節前面で緊張を強めている筋をほぐして下さい。
この動きで腰痛が緩和されることがあります。

しかし、炎症を伴う場合、動ける状態であれば必ず病院を受診してください。
抗炎症薬などの服用で症状は軽快します。

急性腰痛症を何度か起こしていると、腰痛は慢性化してしまう事もあり、この方が大きな問題となりますので、急性腰痛はその都度きちんとした対応が必要です。