腰痛を引き起こす病気【化膿性脊椎炎】

腰痛を引き起こす病気【化膿性脊椎炎】

腰痛を起こす病気には、脊椎に炎症をおこす病気や、腫瘍、内臓の病気などもあります。それぞれの病気のことについて、簡単に知っておくとよいでしょう。

【化膿性脊椎炎】

黄色ブドウ球菌など、ありふれた病原菌に脊椎が感染し、炎症を起こすものです。抵抗力の落ちている高齢者や合併症などを持っている患者に起こりやすく、術後感染として起こることもあります。

感染したときの症状は、背中から腰にかけて激痛が起こり、高熱を発します。胸や腹部に痛みが関連痛として出ることもあります。進行すると、菌によって骨が破壊され、脊椎を前後に曲げられなくなったり、硬くなった腰椎をたたくと痛みます。X線検査では、発症初期にはとくに変化は見られませんが、時間が経つと骨の破壊の様子がわかります。

そのほか、診断のためにMRIやCTなどの画像診断、白血球数やCRP(炎症があると高くなる数値)などの血液検査を行い、さらに原因菌をつきとめる場合には、細菌検査を行います。

治療は、まず安静にし、腰部をコルセットなどで固定します。そのうえで原因菌に対する抗生物質を投与します。まれに慢性化することもありますが、原因菌が特定できず、慢性化しそうだったり、骨破壊が著しく変形を残しそうな場合や脊髄麻痺を起こしそうな場合には、手術を行うこともあります。