妊婦の腰痛対策

妊婦の腰痛対策

妊娠によって腹部が大きく膨らみ、体のラインそのものが歪むことや生理湾曲が崩れる事で、腰周辺の筋肉、靱帯、椎間板などに負担がかかってくるようになり、腰痛が起こりやすくなります。

また、赤ちゃんが産道を通りやすくなるように骨盤の関節や靱帯を緩める女性ホルモン「リラキシン」が分泌され、「関節が緩くなる」と「筋肉」や「関節」に普段以上の負担が加わり、「妊娠中の腰痛」の大きな原因となります。

妊娠後期にはお腹が急激に大きくなるため、力学的にも腰に負担のかかる姿勢(反り腰)になってしまい腰痛を発症してしまうのです。

しかし、殆どの妊婦さんはそれほどひどい腰痛になることはなく、その後自然に回復していくことが多いようです。
とは言え、腰痛がひどくなると出産にも影響を及ぼすこともありますので、腰痛がひどくなる前に予防することが大切です。

痛みがひどい時は安静にして筋肉を休ませることが大切です。
痛みがあるときはゆっくり温かいお風呂に入ったり、遠赤外線をあてるなどで筋肉を温めると痛みが和らぐこともあります。

しかし、動ける時は少しでも動くようにしましょう。妊娠中の腰痛予防で一番良いのは適度な運動です。
ずっと休んでいては腰や背中の筋力が弱くなってしまい、悪化してしまう事もあります。

無理な運動は良くありませんので、軽いウォーキングや散歩、水中ウォーキングなどをお勧めします。医師から運動制限などを受けている場合は、指示通りにして下さい。

運動以外でのお勧めはコルセットです。
お腹が大きくなれば腰椎のカーブを体で支えるための負担は通常よりはるかに大きくなります。

また、専用の骨盤ベルトや妊婦帯などを利用することで腰痛が楽になり、お腹も温める事ができるので妊婦さんには効果的です。