脊柱管狭窄症 治療の流れ

脊柱管狭窄症 治療の流れ

脊柱管狭窄症は、高齢者に多い、椎骨をつないでいる椎間関節が破壊されて椎骨が前方にすべる腰椎変形すべり症などが原因で、脊柱管が狭くなって馬尾や神経根を圧迫するために、腰部や下肢にしびれや痛み、冷感、脱力感、灼熱感、会陰部のしびれ、排尿障害、足の裏の感覚の異常などの症状があらわれる疾患です。

医療性狭窄症といって、椎弓の切除や脊椎固定術、椎間板の髄核摘出手術などの外科手術を行なったことが原因で、脊椎が不安定になったりし、すべり症を起こしたりして脊柱管狭窄症をまねくことがあります。

医師は、これらの症状は何が原因であらわれているかを、問診や視診、触診、打診などの理学的検査と、ラセーグテストや反射検査などの神経学的検査によって調べます。

次に、CTやMRIなどの画像診断によって、変形性脊椎症による骨棘があるか、関節突起や椎弓の肥厚などの腰椎の変形や靭帯の肥厚、神経の圧迫などがみられるか、などを脊椎の状態を確認します。

これらの検査結果を検討し、腰椎に脊柱管の狭窄があれば、医師は腰部脊柱管狭窄症と診断し、患者に説明します。そして、患者に症状とその治療内容、予後について十分に理解してもらってから、治療を開始する流れになります。