脊柱管狭窄症 薬物療法

脊柱管狭窄症 薬物療法

手術以外の治療を保存療法といいます。主な目的は、温熱や体操、マッサージなどによって筋肉や腱、血管、神経の緊張をほぐし、血流をよくして痛みをやわらげることです。保存療法には、薬物療法、理学療法、神経ブロック療法があります。ここでは脊柱管狭窄症に対して行なわれる薬物療法について説明します。

【薬物療法】

脊柱管狭窄症における薬物療法では、約80%が末梢血管拡張薬のプロスタグランジンを使用します。プロスタグランジンは、血管の平滑筋を弛緩させ、血管を広げる作用があります。血管が広がると神経の血流がよくなって、痛みが軽減します。痛み止めには消炎鎮痛剤が用いられ、非ステロイド性消炎鎮痛剤の内服薬や座薬が投与されます。

その他、筋弛緩薬や末梢循環改善薬、病状によっては精神安定薬、ビタミンB12などが投与されます。ビタミンB12には、血液中の赤血球を増やし、傷ついた神経を補修し、神経の働きを安定させる働きがあります。

抹消循環改善薬が用いられるのは、神経組織に血流障害があると痛みの原因になるためで、馬尾や神経根とその周囲の血流が改善されると痛みが軽減されます。

高齢の患者で、下肢痛と間欠跛行の症状がみられ、MRIの画像診断で、第4腰椎と第5腰椎の脊柱管に狭窄がみつかった病例では、プロスタグランジンの点滴を1週間行ったところ、下肢痛やしびれが軽減し、間欠跛行も起こりにくくなり、手術をすることもなく、退院できたという例もあるようです。