女性の生理と腰痛

女性の生理と腰痛

女性は月に一度生理が(月経)起こります。
生理の前や生理中などに腰痛で悩まされている方も少なくないと思います。

【月経前緊張症】

生理の数日前から始まる直前まで、黄体ホルモンの働きで子宮からプロンスタグランジンという子宮を収縮させる物質が分泌されます。

痛みは人により様々ですが、このプロンスタグランジンの分泌が多いと、下腹部の痛みや腰痛を感じることがあるのです。
これを月経前緊張症と呼んでいます。

起こる症状は腰痛だけではなく、下腹部膨満、吐き気、めまい、全身倦怠、不安など、人によって様々な症状がありますが、月経の始まりと共に軽減・消失します。

【月経困難症】

月経時に治療を必要とするほど強い腰痛、下腹部の不快感、下腹部痛がある場合をいいます。

けいれん性の下半身痛が背中や太ももへ広がり、精神面の症状を伴うこともありますが、
月経が終了すると、これらの症状は軽減・消失します。

この場合、子宮が未熟であるなどの機能性が関係していることもあり、思春期の女性の
多くが訴える症状ですが、加齢と共に子宮の機能が成熟すると症状が改善されていくものです。

これも月経前緊張症と同じくプロンスタグランジンの量が影響し、分泌量が多ければ多いほど腰痛と共に下腹部痛が起こりやすくなります。

また、生理に伴うストレスが原因で腰痛が起こることもあります。
体を締め付けるようなものを身につけることを避け、出来るだけリラックスすることを心掛けるとともに、体を温めたりするだけでも腰痛が和らぐこともあります。

生理中は湯船に入ることを控える方も多いですが、湯船に入って体を芯から温めることで
腰痛が緩和することもあるので、生理中こそゆっくりと湯船に浸かることをお勧めします。

足首を温めるだけでも体全体の血液の循環がよくなり、体を温める効果がありますので「足湯」もお試しください。

整理は毎月一度やってくるものですから、うまく付き合う方法を見つけることが大切です。

生理に伴う腰痛には様々な要因が絡んできます。

特に原因が子宮の病気であった場合は、症状を放置しておきますと、問題が改善されないばかりか悪化させてしまう場合もあり、不妊症になるおそれがあります。

生理痛が年々ひどくなっていったり、不正な出血が多い場合は、婦人科や内科の診察・治療を早めに受けることをお勧めします。