2800万人にのぼる国民病、腰痛

2800万人にのぼる国民病、腰痛

3月24日付けの朝日新聞の記事によると、厚生労働省研究班の調査で腰痛の人は全国に推定2800万人いることがわかったそうです。

厚労省研究班が東京や新潟・広島など全国8ヵ所の住民およそ12000人分のデータを分析した結果、医師による問診などで「腰に痛みがある」「1ヵ月以内に1日以上痛みがあった」という人の割合は、60歳代が4割強で最も多く、40歳代、50歳代も4割前後の割合で多く、70歳代以上では割合は下がる傾向にあったという事です。
男女比においては4対6で女性の方が多いという事です。

腰痛の原因としては様々な事が考えられますが、例えば背骨の癌のように内科的なものもあれば、腰椎骨折、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などのような整形外科的要因もあります。
また、昨今ではストレスが原因による腰痛も多く、現代の世相を反映していると云えます。

病気が原因である場合には、画像検査などを行なえば原因になっている病気を判断して治療を行えばいいのですが、ストレスが原因の場合は画像検査で判断する事が出来ず、原因不明とされます。
こうした原因不明の腰痛は全体の8割以上を占めるといいます。

整形外科的腰痛の場合には、痛みに対しては安静にすることが求められますが、原因不明の腰痛の場合には、必ずしも安静が良い治療法とはいえません。
安静にして気が滅入ってしまうよりはむしろ、日常生活を持続していくことで痛みが軽くなるように感じるといった報告もあります。

うつ状態や仕事上の不満、人間関係の悩みなどが原因で腰痛になったり、また腰痛が治りにくくなったりする例もありますので、散歩や小旅行で気分転換を図ると良いでしょう。病院では慢性腰痛に対して抗不安薬、抗うつ薬を処方することがあります。

なお、マッサージや腰の牽引治療による腰痛改善の効果には、はっきりした根拠がないということです。