前屈障害型腰痛

前屈障害型腰痛

腰痛には、腰を前に曲げると痛む「前屈障害型」と、腰を後ろに反らすと痛む「後屈
障害型」があり、一般的に多いのは「前屈障害型腰痛」です。

「前屈障害型腰痛」タイプの患者さんは、腰を前に曲げている姿勢や中腰の状態などの姿勢をしていることが多く負荷が積み重なっているうえに、腰をひねった、不用意に物を持ち上げた、などの動作がきっかけになり腰痛症になったと考えられます。

何気に行っている日常生活の動作が、腰椎の椎間板や靭帯、椎間関節、背筋などに負担を与えてしまい、腰痛を起こす原因となっているのです。

前屈障害型腰痛の患者さんの多くは働き盛りの人たちで、職業上の理由によるものだといわれています。
デスクワーク、タクシーやバスの運転手、農業従事者などの大半がこのタイプの腰痛を経験しているようです。

また、家事を行う主婦の方も、掃除機をかける時やキッチンで料理をしている時など、前かがみになって行う作業が多く、前屈障害型腰痛に悩まされている方も多いといわれています。

前屈障害型腰痛の原因は、椎間板や脊椎の障害や変性、背筋の疲労などが考えられます。
これら障害のある組織をそのままにしておくと悪化が進み、腰痛の症状も腰椎を前屈させることで悪化していきます。

このタイプの腰痛は、正しい姿勢や日常の生活動作の改善がもっとも重要な治療法であり予防にもなるのです。

意識してできるだけ前かがみにならないで、腰椎の生理的湾曲を自然に維持する姿勢を心がけて下さい。
腰痛症は、治療によって多少よくなったとしても、それまでと同じ生活習慣のままであれば再び繰り返すことになります。

腹筋や背筋は脊椎を支える重要な役目をしています。
極端に言えば、腹筋や背筋が健康で強固であれば、背骨はなくても筋肉だけで上半身を支えることができるといわれているほどです

適当な運動と、正しい食生活、バランスのとれた食事などで筋肉と骨を強化することによって腰痛を予防することができるのです。