腰痛とビタミンE

腰痛とビタミンE

腰痛に効果的と言われているビタミンにはビタミンB群のほかビタミンEがあります。

ビタミンEには抗酸化作用があり、老化を防ぎ若さを保つ働きがあります。
また、血液をサラサラにする効果もあり、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの更年期障害などにも有効に作用するといわれています。

さらに、ビタミンEには血液の流れをよくし、筋肉の緊張をとる働きがあるので、痛みをやわらげるのに役立ちます。

腰痛の原因の一つに血行障害がありますが、ビタミンEには毛細血管の血行をよくして、筋肉に溜まった疲労物質である乳酸等が排出され、代わりに筋肉に新鮮な酸素と栄養を届けられるため、腰の筋肉のコリを和らげることが出来るのです。

血行が良くなると筋肉の緊張を和らげ腰痛の改善、また冷え性や痔の症状を改善につながります。

その他、またビタミンEは女性ホルモンを分泌させる働きがあり、不妊の改善や生理痛を和らげる効果もあると言われています。

ビタミンEは南瓜、にら、ほうれん草などの緑黄色野菜、アーモンド、米ぬか油、紅花油、はまち、うなぎなどに多く含まれています。

ビタミンEが不足すると、抵抗力が弱まり身体全体の老化が進んでしまいます。
また、動脈硬化が進んだり、手足の痙攣が起こったり、妊娠中の女性には流産の危険性もあります。
その他、赤血球が破壊され、貧血を引き起こす原因にもなってしまいます。

ビタミンEの不足は身体の免疫力低下を招き、身体全体の老化につながりますので、ビタミンEをたくさん含む食品を多く摂取するようにしましょう。

ビタミンEは摂りすぎても全く問題のないビタミンですので、安心して摂取して下さい。

ビタミンEは油で調理したり、肉類と一緒に調理すると吸収率がアップします。
また、ビタミンAやビタミンC、ビタミンB2と一緒に摂ると、相乗効果を発揮します。