腰の痛みの対処法

腰の痛みの対処法

ぎっくり腰は「魔女の一撃」とも言われ、突如強烈な痛みに襲われその場から動けなくなる人も少なくありません。
そして、我々はその激しい腰の痛みにいつ襲われるのかもわからないのです。

そのような急性の痛みに対してはどのように行動すればよいのでしょうか。

重いものを持ち上げたり、激しい運動をした後に起こった場合には、外傷が原因と考えられますが、冷や汗や腹痛、吐き気など、激しく気分が悪い場合には内臓疾患の可能性が考えられます。
内臓疾患が考えられる場合には極力早く医師の診断を受けなければなりません。

外傷の場合、イスから立ち上がるなどの日常的な動作でもその原因となり得ることがあり、その痛みは、急激な運動に耐えられずに起こる腰の筋肉の肉離れや腰椎ねんざで、運動不足によるところが大きいといわれています。

自宅で発症したなら、背骨にかかる負担を軽減させるためにすぐに横になって下さい。
横向きに寝て、エビのようにおなかをまるめてひざを曲げたり、仰向けに寝た場合には、ひざを曲げ、ひざ下にクッションを置いて足を高くするのが最も楽な姿勢といわれています。
自分が最も楽な姿勢で安静にすることが基本です。

仕事場や外出先で発症した場合には、とにかく腰を動かさないことが鉄則です。
壁や柱などにもたれて呼吸を整え、落ち着いたら腰を動かないように固定する姿勢をとりましょう。

ひざを軽く曲げてクッションのように衝撃を吸収させながら歩いて移動しましょう。
このとき何かを持って、カニのように横に歩くと少し痛みが楽になります。

出来れば患部を冷やしたり、コルセットで固定するのも良いでしょう。
しばらく安静にしていると痛みも緩和されてきますので、動けるようになったら病院の診察を受けることをおすすめします。

また、急性期の安静期間が過ぎたら、できるだけ動くように心がけると回復も早くなるようです。

慢性の腰の痛みに対しては、患部を温めると筋肉の緊張が緩み関節もスムーズに動きやすくなります。

ホットパックや温湿布はとても気持ちの良いものです。
自宅では濡らして絞ったタオルを電子レンジで温めて使用するのも良いでしょうし、使い捨てカイロを貼るのも便利です。
しかし、やけどには十分注意して下さい。