腰痛の原因や症状

腰痛の原因や症状

腰痛には、背中や腰の骨、筋肉の異常から発症する整形外科的腰痛や、うつ病やストレスなどの精神的なものが原因となっている心因性腰痛、内臓の疾患から発症する場合など、原因は様々です。   

ほとんどの人の腰痛は整形外科的腰痛で、背筋が痛みを伴って硬くなるなど、背中や腰の骨や筋肉の異常が原因となっています。

これは、日常生活での姿勢の悪さ、運動不足、長時間労働、激しい運動、また加齢による筋肉や脊椎の変性などが要因となっています。

心因性腰痛は、痛みの程度や痛む場所が変わることがあり、患者さんによって状況は様々です。
この場合は診察や検査を行っても、脊椎などに明らかな異常はなく多くの場合で原因不明の腰痛として処理されます。
このような場合は、一度、精神科を受診してみてもいいかと思われます。

内臓の病気から腰痛が起こる場合に考えられるものとしては 

・尿路結石や腎盂腎炎などの泌尿器系
・胃や十二指腸の炎症性疾患などの消化器系
・胆のうや膵臓疾患などの内分泌系
・腹部大動脈瘤などの循環器系
・子宮内膜症などの婦人科系
・内臓のがんによる腰椎骨転移

などがあります。

また肥満も原因の一つです。
内臓に脂肪がつくと腹部の重心が前方にくることになり、常に体を後ろに反らす姿勢となり、脊椎や背中、腰の筋肉に負担をかけることになってしまいます。 

腰痛の他に発熱や嘔吐、血尿、不正出血などの症状がある場合は、早急に内科や婦人科を受診しましょう。