色々な機器による腰痛の検査と診断

色々な機器による腰痛の検査と診断

腰の痛みに耐えられなくて整形外科へ診察に行くと、医師は問診やレントゲン写真の撮影を行います。

レントゲン写真では骨が鮮明に映りますので、骨折や脊椎の位置関係がわかります。
軟骨や椎間板はレントゲンでは映りませんが、医師は状態を推測します。
レントゲンでは、白い骨の部分だけではなく、黒い影からも筋肉や内臓の状態を推察し、脱臼や骨の腫瘍や代謝異常なども読み取る事が出来ます。

さらに、ハンマーで膝の辺りを軽く叩いたり、腰を前屈・後屈をさせてみてその際の腰の痛みの症状をヒアリングするなど、さまざまな情報を集めて診断を下します。

またCT(コンピュータ断層撮影)検査も診断の手段の一つです。
CTスキャンと呼ばれているものでX線を使って筋肉組織、神経組織などの骨以外の状態を画像で見ることが出来ます。
造影剤を体内に入れて、痛みの元になっている患部をより詳細に観察することもできます。

外傷、炎症の状態も観察することができる上、脊椎の検査では脊柱管の広さ形態が見ることが出来ます。
レントゲンでは無理な椎間板ヘルニアの観察もCT検査で確認することが出来ます。

その他、レントゲンやCTだけではなくMRI(磁気共鳴画像診断)検査を行う事もしばしばです。

MRIは筋肉や神経組織、軟部組織がCTより、鮮明に観察できる機器です。
また方向も縦・横・斜めなどいろいろな断層から観察できる優れものです。

MRIは、強力な磁場の中に人体を入れ、体の組織中の水素原子核が持つ弱い磁気をエネルギーの高い状態にして、このエネルギーを信号として取り出し、コンピューターで処理し画像化したものです。

X線を使わないので放射線の心配がないのが利点です。

医師はレントゲンで、腰の痛みの発生源、つまり神経の圧迫されている場所をおおまかにつかみ、必要に応じてより詳細なデータをCTやMRI検査で追加しているのです。

不安なことや、わからないことは遠慮せず、かかりつけの医師にどんどん相談して、安心して治療を受けられるようにしましょう。

ストレスから腰痛を発する事もあり、治療がストレスにならないようにしなくてはなりません。