足の痛みがある腰痛について

足の痛みがある腰痛について

腰の痛みには襲われたとき、それだけでも大変なのに、足の痛みやしびれがあると、不安がいっそう強くなります。腰痛のほかに、お尻や足に響くような痛みやしびれ、マヒなどがあるかどうかは、腰痛の種類を見分けるとき重要です。

足の痛みやしびれ、筋力低下、知覚鈍麻(感覚がにぶる)などの症状は、腰部神経根症状と呼ばれ、その足の痛みを「根性坐骨神経痛」といいます。

足の痛み(専門的には下肢痛といいます)といっても、軽いしびれや鈍痛程度のものから、激痛のために立つことも歩くこともできない重症のものまであります。

この痛みやしびれは、脊椎の末端部から出ている神経である馬尾神経や、脊椎から出て行く神経の分かれ目にある神経根が、直接圧迫されたり、炎症を起こしているからです。神経の血流が悪くなったときにも起こります。

痛みやしびれは、その神経とつながっている坐骨神経が支配しているお尻や足に起こります。腰痛に加え、しびれたり、マヒを起こし、長時間歩けなくなったりという症状に襲われるのです。

足の痛みは、坐骨神経に沿って現れます。坐骨神経は人体の中でももっとも太く長い神経で、脊椎の下部と仙骨から出ていて、足の運動や知覚を支配しています。足の痛みは、その坐骨神経がおよんでいる、お尻、ふとももの後ろ外側、ひざから下の外側を通って足先に現れます。足の痛みやしびれがあるとき、それがどこに起きているかをみれば、障害を起こしている神経根がわかります。

若い人の場合は、前かがみになったり、痛むほうの足を上げたときに痛むことが多く、椎間板ヘルニアでみられるのが一般的です。高齢者では、腰をそらせたり、歩くと足の痛みが悪化することが多く、腰椎脊柱管狭窄症や腰椎分離すべり症によくみられます。