中高年に起こる腰痛

中高年に起こる腰痛

中高年になると、腰痛や膝痛に悩まされることが多くなるといわれています。
中高年に多い腰の痛みの原因は、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症(後に脊柱管狭窄症となり得る)、急性腰椎症(ぎっくり腰)、です。

ほとんどのぎっくり腰は、重いものを持ち上げる場合に無理な姿勢をとるために起こるものです。
これは高齢になり筋肉の柔軟性が衰えてくることで、急激な衝撃に筋肉が反応できなくなるためです。

ぎっくり腰は、体を前後に曲げられない、体を少し動かしても激しい痛みがある、歩くだけでも痛みがあるといった症状があり、カルシウムの使用量が増えるので骨粗鬆症を早めることにもなるのです。

中高年でぎっくり腰が繰り返し起こる場合は、腰椎の病気を疑って検査をする必要があります。

椎間板ヘルニアは、クッションの役割である椎間板が加齢によって、変形もしくは髄核が突出してきて神経を圧迫し、激しい腰の痛みや下肢の痺れを発症させるものです。
重症になると排尿障害を起こすことがあります。

脊柱の動きは椎間板と後方の左右一対の椎間関節により可能になっていますが、変形性脊椎症は、これらが退行変性した状態をいいます。
椎間板が変性するとその異常な動きを止めるように骨棘(ほねのとげ)が形成され神経を刺激したり、脊椎の自由な動きを妨げたりします。

無症状のことも多いのですが、変形が進んで高度になると慢性の疼痛や可動域制限が生じ、まれに神経根症状を生じます。
また、脊柱管が狭窄化し脊柱管狭窄症となって症状が現れてきます。

中高年は、日頃の動作には注意を払い、それぞれに合った適度な運動をして筋肉に力をつけ柔軟性を養うようにしましょう。
また、肥満を回避することも重要なポイントです。

最近では健康食品など、腰痛症状を緩和するといわれるサプリメントなどがCMでも頻繁に紹介されていますが、これらは価格も決して安いものではありません。

高価な健康食品より毎日続ける軽い運動がより効果を発揮することもあります。
高齢者は散歩のような軽い運動でも継続して行う事で効果は充分にえられます。
また、身体を冷やさないように工夫することも大切です。