女性の腰の痛み

女性の腰の痛み

女性には特有の腰痛の原因があります。
これは、女性にしかない臓器である子宮や卵巣など、また女性ホルモンに関係する婦人科系で問題が生じることから腰が痛い、重い、だるいといった症状が出るもので、女性ならの誰しもが経験することです。

女性は成長するにつれて「生理」、「妊娠」、そして中年以降は「更年期障害」、閉経後の「骨粗鬆症」と子宮の状態やホルモンバランスの異常に関連するものは一生についてまわるものです。

生理の時に必ず腰が痛くなるという月経困難症は若年女性にはかなりの頻度でみられ、年齢とともに減っていくのが特徴です。

月経前緊張症(PMS)で腰痛になるのは

•卵巣ホルモンの一種、リラキシンという物質が分泌され関節を緩める働きをするため、筋肉や腰へストレスがかかる。

•黄体ホルモンによって、子宮からプロンスタグランジンという子宮を収縮させる物質を分泌させますがこの分泌量が多いため。

などの理由からです。

月経困難症(生理中)に腰痛が起こるのは

・子宮に多くの血液を送ることから全身が血行不良になりがちで、筋肉が一時的に弱体化したり、骨盤内に血液が充血してしまう。また、子宮の重量も増加して腰が重くなる。

・骨盤の歪みが原因で、生理中に骨盤が上手く広がらず、腰に負担がかかる。

・月経前緊張症と同様に、黄体ホルモンによるプロンスタグランジンの分泌量が多い場合、腰に負担がかかる。

などの理由からです。

月経量の多い場合や、苦しいほどお腹が張るという場合は、子宮筋腫の疑いもあります。
腰の痛みが続いて治らないという女性は、婦人科での検診が必要となります。

妊娠中はお腹が大きくなり、自分の体重も増えて重心が前に移動し、緩やかなS字カーブ(生理湾曲)崩れてくるため、腰椎に異常な負荷がかかり腰痛が起こるようになります。腹帯で腰を安定させると楽になります。

高齢者ではカルシウム、ビタミンD、の摂取不足、ビタミンD代謝機能障害、日光浴不足により、「骨粗鬆症」になることが多いのですが、女性の場合には、閉経後にエストロゲン・ホルモンの分泌が減少し、骨の新陳代謝のバランスが乱れて骨密度が低くなるという要因も加わります。

骨粗鬆症が直接原因で腰痛を起こすことは無いのですが、骨折しやすくなるので気をつけなければなりません。

このように女性特有の腰の痛みは、ホルモンバランスの不均衡から起こることが多いのですが、精神的ストレスや長時間のデスクワークなどが加わることで、腰痛のリスクも高くなります。

仕事をする上での環境やストレス改善も意識して腰痛予防を心がけたいものです。