腰痛のときの起床時の起き方

腰痛のときの起床時の起き方

腰痛は横になっているのが一番だといっても、起き上がらなければならないときもあります。トイレに行かないわけにはいかないのですが、腰痛のときはこの起き上がったり、横になったりするのが大変ですよね。

ベッドの場合、寝起きは「痛いほうの腰から」が基本となります。まず横になるとき、右側が痛い人は、ベッドの左側(ベッドを足元から見て左側)から入るようにします。次に、ベッドの端にゆっくりと腰をかけ、上半身を右側(痛いほう)にゆっくり倒します。そして、上半身が横になったら、ベッドに乗せ、腰をひねらずに、体ごと仰向けになります、腰をひねらないようにすることがポイントです。ベッドから下りるときは、この動作を逆に行います。左側が痛い人は、左右を逆に行います。

布団の場合で横になるときは、布団の上でよつんばいになります。このよつんばいの姿勢が、非常に楽なはずです。次に、両腕でしっかり上体を支え、腹筋と背筋を緊張させ、お腹に力を入れて、少しずつ痛いほうの側の腕に体重を移動させます。そして、ひじ、肩の順にゆっくりと布団につき、ひざを曲げたまま腰をつけます。起き上がるときはこの逆をします。腕の力で体を支えながら、慎重に起き上がります。側に人がいると、つい、人の助けを受けたくなりますが、人に助け起こしてもらうより、自分でゆっくり、痛みを感じないように起き上がったほうが、結果的には楽になります。移動するのに、介助を受けるときは、痛みのない側から支えてもらうとよいでしょう。