腰痛は病気のサイン

腰痛は病気のサイン

腰痛を起こす原因はさまざまで、中には内臓の病気や心因性ストレスなどが関与している
場合があります。

がんや腹部大動脈瘤のように生死にかかわる病気のサインとして、腰痛が出ている事もあります。

腰椎椎間板ヘルニアの場合には、腰痛に伴い下肢に痛みやしびれ、筋力低下がみられ、重症になると排尿障害などが起こる場合があります。

深呼吸時の胸部痛、股関節、膝関節、アキレス腱の痛みがある場合は強直性脊髄炎とも
思われます。
強直性脊髄炎は、脊椎や骨盤の関節部が、しだいに骨化あるいは線維化して、骨と骨が癒着してしまう(強直)病気です。
肩、股、膝などの胴体の近い大きな関節にも癒合がおこり、進行すれば体をほとんど動かせなくなってしまいます。圧倒的に男性に多い病気です。

また腰痛の他に、背部に痛みがあり、背骨が曲がってくると骨粗鬆症、また、あひる歩行があると骨軟化症など疑われます。
骨軟化症は、カルシウム沈着吸収の阻害で、骨が軟らかくなっ て変形するものです。

腰痛と背部痛は勘違いしやすいもので、腰痛かなと思うような背部痛は実は病気のサインである可能性があり、考えられるのは腎臓の病気で、具体的には尿路結石や腎盂腎炎といった病気が疑われます。
腎臓はちょうど腰あたりに位置する臓器で、左右に腰の痛みがある場合もあります。

女性特有の子宮筋腫や子宮頸がん、また更年期障害などでも腰痛が起こります。
子宮に病気がある場合は、腰痛と共に血尿がでたり下腹部に痛みを生じます。

子供に起こる腰痛は、スポーツを日常的に行なっていると、腰への過負荷により腰痛が起こります。
骨格が未発達な成長期に激しいスポーツで腰にストレスがかかって起きる疲労骨折で、腰椎分離症の可能性があります。

子供の場合腰の痛みが全くなかったり、痛みが早く引いてしまうため、見逃してしまうことが多く、放置していると成人になって慢性腰痛や腰椎すべり症の原因となって腰痛の症状が現れる事もあります。

いずれも腰痛が慢性化していたりひどい時は、ほかの病気のサインの可能性もあるので早目の病院の受診をお勧めいたします。