腰痛によい正しい姿勢とは

腰痛によい正しい姿勢とは

腰痛を克服するためにも、予防するためにも欠かせないのが、正しい姿勢です。姿勢がよくないと、腰痛を起こすだけでなく、悪化させるもとになります。胸を張った「気をつけ!」の姿勢が正しい姿勢と考えがちですが、この姿勢は必要以上にお尻が突き出て、背骨のカーブがきつくなるので、骨や椎間板、筋肉に大きな負担がかかります。

正しい姿勢とは、背骨(脊椎)の自然なゆるいS字型のカーブが維持された姿勢です。首で前に彎曲し、胸で後ろに彎曲、そして腰でまた前に彎曲するというものです。簡単なようですが、まっすぐ立つだけでも、背筋、腹筋、腸腰筋、臀筋、大腿四頭筋、ハムストリング筋など、いろいろな筋肉がお互いにバランスをとりながら支えてくれています。そのため、これらの筋肉が衰えると、立つにも歩くにも筋肉が支えきれず、姿勢が悪くなりますし、腰にも負担がかかってきます。正しい姿勢を保つには、それを支える筋肉を鍛えることもかかせません。

正しい姿勢は、背骨を支えている筋肉の負担が軽く、背骨そのものにも負担をかけません。とはいっても、どんなによい姿勢でも、長時間続けると筋肉が披露し、少しでも楽になろうとして、無意識に前かがみになったり、背中をそらしたりします。これがよけいに腰椎に負担をかけることになってしまいます。ときどき座ったり、片足を台に乗せたりして、腰椎の筋肉に対する負担を軽くしましょう。

【正しい姿勢をつくるポイント】

・頭のてっぺんを糸で吊り上げられているような気持ちで背筋を伸ばします。

・お知りの筋肉をきゅっと引き締め、お腹を引っ込めます。

・あごを引き、肩の力を抜きます。

・ひざを伸ばし、重心を足の親指のつけね当たりに置く感じで立ちます。