腰痛の薬

腰痛の薬

腰痛がある場合に、病院へ行く時間が無いなどの理由で、市販の薬で少しでも痛みを軽減したいと考えている方も多いと思います。

腰痛の薬で、薬局で購入出来る飲み薬は痛み止め、いわゆる鎮痛薬で、主に頭痛や生理痛、歯痛など鎮痛として使われるのが一般的ですが、腰痛にも鎮痛効果があり、ほとんどの痛み止め(解熱鎮痛薬)に適応があります。

・アセトアミノフェン(パラセタモール)
一般用医薬品の中で、小児(15歳未満)が服用できる成分で、大きな炎症抑制効果は期待できません。
お酒を良く飲む人、肝臓の調子が良くない人などは、避けた方がいいでしょう。

・アスピリン(アセチルサリチル酸)
ピリン系ではありませんが、副作用として出血傾向がありますので、歯の治療や手術の予定がある方、血液をサラサラさせる薬(ワーファリン、プラビックス、プラザキサ等)を飲んでいる方には、特にお勧めできない薬です。

・イブプロフェン
腎臓の調子が良くない人は、避けた方がいいでしょう。

・イソプロピルアンチピリン(IPA)
ピリン系の薬ですので、発疹など副作用が出る可能性があります。

・ロキソプロフェン (商品名:ロキソニンS)
第一類医薬品ですので、薬剤師からの説明を受けて購入するひつようがあります。

喘息の発作が心配な方は、上記の薬は服用しないほうがいいでしょう。
また、痛み止めを飲む時は成分を良く読んで慎重に服用するようにして下さい。

その他、腰痛の鎮痛薬として張り薬や塗り薬などの湿布薬もあります。
湿布薬には、温めるタイプと、冷やすタイプがあり、腰痛の症状に合わせて使い分けます。

急性の腰痛で、幹部が腫れていたり、炎症が起こっていて熱を持っている場合には、冷やすタイプを使います。
逆に、慢性的な腰痛の場合には、患部を温めて血行を促すために温めるタイプを使います。

冷やすタイプの湿布薬には、メントールと鎮痛効果のあるものが配合されているので、冷やすことで痛みを抑えるとともに、炎症を抑え患部の血行を改善します。

しかし、抗炎症剤なども含まれていることもあるので、特にアレルギー体質の方は医師に相談してから使用したほうがいいでしょう。

温めるタイプには、唐辛子成分が入っていますので患部を温める効果があるのですが、入浴の30分前には剥がしておかないと、温まるとピリピリしますし、また温まりすぎて炎症を起こすことがあります。

他にもスプレータイプや、塗るタイプの腰痛薬もあります。
副作用を心配される方は漢方薬の服用も考えていいでしょう。
漢方薬は健康保険が適用されるのもありますので、医師に相談し処方してもらうと良いでしょう。

しかし、大切なのは腰痛の原因を知ることで、やはり自己診断で市販の薬に頼るよりも、先ずは医師の診断を受けることが大切です。