女性の妊娠中、出産後の腰痛

女性の妊娠中、出産後の腰痛

女性にとって子供を産むことは、大きな喜びですが、同時にさまざまな苦痛も伴います。

少しずつ大きくなってくるお腹は、腰に負担をかけ、腰痛が起こってくることもあります。これは、育ってくる胎児の居場所をつくるために、関節のじん帯をゆるめるホルモンが分泌され、骨が不安定になるためです。大きくせり出したお腹を支えて、体は後ろに反りがちになります。背骨だけでなく、背中の筋肉にも負担がかかって、疲れがたまりやすくなります。妊娠中は、少し動きすぎたなと感じたら、時間を見つけて横になるようにしましょう。足を高くして寝ると、腰の緊張をとりやすく、足のむくみもとれます。四つん這いのポーズをとると楽になります。

出産後の子育ても、腰に負担のかかる姿勢が多い仕事です。赤ちゃんを抱いたり、世話をやくとき、どうしても中腰や、腰を前にかがめる姿勢が多くなり、腰を痛めるきっかけになります。ベビーベッド上のオムツ替えは、ひざをついて行いましょう。抱き上げるときは、立ったまま抱き上げずに、ひざを曲げて行いましょう。おっくうがらずにひざを使うことが腰を守る方法です。

赤ちゃんを連れて外出するとき、体の前や、腰に乗せたような格好で、抱っこしている姿をよく目にしますが、腰椎に大きな負担をかけます。腰ばかりでなく、首や背中、肩にも大きな負担となります。

そこでおすすめしたのはおんぶです。前に抱くよりも自然と背中はまっすぐになり、腰椎のS字カーブも維持されて、腰への負担もだいぶ減ります。腰痛の人や腰痛ぎみの人は、できるだけ腰や背骨に負担をかけることは避けたほうがよいのです。赤ちゃんを前に抱いていると、自分が赤ちゃんを見ていられるので安心するでしょうが、赤ちゃんはまわりを見ることができません。おぶったほうが、背中の赤ちゃんは、お母さんが見ているのと同じものを目にすることができます。

妊娠中の腰痛の多くは、産後6ヶ月以内になくなりますが、しかし、妊娠4~5ヶ月頃でも腰痛がある場合や、通常の腰痛治療でも痛みがおさまらず、出産後も腰痛や臀部に痛みが長期間続くときは、骨盤に原因がある可能性が高くなります。骨盤のX線検査で骨盤がずれていることがわかった場合は「骨盤輪不安定症」といわれます。X線検査で異常がない場合も骨盤の不安定が原因で、腰痛が起きていると考えられます。骨盤安定用のベルトを着用すると、痛みが軽くなります。