変形性腰椎症

変形性腰椎症

変形性腰椎症は、腰椎の加齢変化により腰痛が起こる疾患です。

椎間板や靭帯、骨などの加齢による変性が、筋肉組織を含め腰部の疼痛やだるさなどの局所症状をもたらします。原因は加齢ですが、重労働や遺伝的素因などもあげられます。

若い時に力仕事をしても全く平気だった人が、年をとって無理をすると腰痛が出るようになり、レントゲン検査の結果、椎間板が薄くなり骨に変形を生じていた、という時に「変形性腰椎症」と診断されます。

主な症状は腰痛です。通常は、朝起床時に動き始める時に痛むのですが、動いているうちに症状は軽減します。

長時間の同一姿勢でも腰痛は増強します。腰痛は腰部全体に漠然と感じる場合や、臀部や大腿後面まで痛みを感じることもあります。とくに臀部の痛みは高頻度に見られます。

椎間板が老化で薄くなったり(椎体の間が狭くなる) 、椎間板に接した椎体が硬くなり(骨硬化)、前後に骨の出っ張り(骨棘)ができ、後方にある左右の椎間関節もいたんできます。

変形性腰椎症が悪化して、腰椎での神経の通り道である脊柱管が狭くなった状態が、腰部脊柱管狭窄症です。
腰痛だけでなく、脚のしびれや痛みがでてきたら、この腰部脊柱管狭窄症を考えます。

また、椎間板だけが傷んでいてそこから痛みがでる場合は腰椎椎間板症、傷んだ椎間板が何かのきっかけで膨らんだり、中心部の髄核が飛び出したりして神経を圧迫し、下肢の痛みや痺れを発症するのが椎間板ヘルニアです。

変形がすすむと、外見上も体が側方に曲がったり(側弯)、後ろに曲がったり(後弯)し、腰痛のため長時間立っていることが困難になってきます。

診断は、腰痛が主体で下肢症状があっても軽微な場合では、X線検査で骨組織の加齢的変化を確認し、さらにその他の疾患との鑑別で変形性腰椎症の診断がつきます。

X線検査で加齢変化がみられても、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などでは下肢の症状が主体になることが多く、変形性腰椎症とは区別されます。