腰痛が慢性化する原因

腰痛が慢性化する原因

腰痛が慢性化する原因

腰痛が慢性化してしまうには、筋肉の炎症による痛みや、坐骨神経痛や腰痛症、糖尿病、神経障害に伴う痛み・しびれ、帯状疱疹後神経痛など「神経の痛み(神経障害性疼痛)」などと、心理・社会的要因によるストレスなどが複雑に絡むことが要因といわれています。

これらの原因で起こった腰痛は一旦よくなったとしても、その後十分にケアしないでいると、再発を繰り返すようになります。
再発のたびに末梢神経が障害をうけることで、神経自体が痛みを発するようになってしまいます。

大多数の人は腰痛を経験すると、腰椎に問題があるとして、腰にできるだけ負担を掛けずにじっとして安静を保つようになります。

しかし、体を動かさないでいると痛みに対する不安や仕事上のストレスといった心理的な影響が大きくなって、自律神経に乱れが生じ、筋肉が緊張したり、血流が悪くなるなどから、さらなる腰痛が引き起こされます。

腰痛で病院を受診する人のうち、診察や画像検査で原因が特定できるのは15%で、残りは原因が特定しきれない「非特異的腰痛」に分類されるそうで、精神的ストレスからくる腰痛はこれに含まれます。

痛みのことばかり考えていると気がめいってうつ傾向が強まり、腰を動かさないでいると筋肉が硬直し、さらに体を動かさなくなる「痛みスパイラル」に陥ってしまいます。

このように腰痛が慢性化する原因はさまざまで、市販の湿布や痛み止めだけでは効果が
得られにくいこともあります。

近年では、体と心の両面から腰痛を治す治療法「リエゾン治療」に取り組んでいる病院もあります。

整形外科では痛みを和らげる治療や、リハビリ療法で筋力の回復を図っていく一方、心身医療科では、物事の受け止め方や認知を変えることで対処の仕方や行動を変え、ストレスを軽減する認知行動療法を平行して行っていくという治療法です。

しかし、私たちも自信も自律神経のバランスを整えることで、ストレスをコントロールし、腰痛を治療することは十分可能です。

自律神経のバランスを整えるには、

1、自分に合った適度な運動を継続して行うことで、全身の血流を改善
2、生活習慣の見直しを行い、生活のリズムを整え、体内時計のリズムを正しくする
3、ストレスが発散できるような楽しめる趣味を持つ
4、公園を散歩するなどして、四季を感じる

など、ちょっとした努力でできる事です。

安静にしすぎず、できるだけ普段どおりの活動を行い、腰痛やストレスとうまく付き合っていく事がたいせつです。