腰痛を改善するカルシウムを摂る食事

腰痛を改善するカルシウムを摂る食事

毎日腰痛を体操を行なっていても、朝昼晩カップラーメンの食生活を送っていては治るものも治りません。腰痛を改善するには、日々の食事で骨や関節を強くする食事を摂ることも重要になってきます。ここではカルシウムを効率よく方法について説明します。

カルシウムはそのすべてが腸内から吸収されるわけではありません。吸収率は食品によって異なります
牛乳が50%なのに対し、小魚や海藻類は平均30%、野菜類は平均17%と、低めになっています。野菜は食物繊維を多く含むため、吸収率が低くなるのです。しかし、吸収率が低い食品も食べ合わせを工夫すれば、効率よくカルシウムを摂ることは可能です。
カルシウムの吸収率をよくする栄養素には「ビタミンD」、「乳糖(牛乳に含まれる糖分の一種)」、「カゼイン(牛乳に含まれるたんぱく質の一種)の分解産物」、「たんぱく質(アルギニン、リジン、トリプトファン)」などがあげられます。
吸収率を下げる栄養素には、「食物繊維」、「シュウ酸(ほうれん草に含まれる成分)」、「油脂」、「濃い糖分」、「塩分」、などがあります。ただし、食物繊維は余分なコレステロールを排出したり、便秘を防ぐなど、生活習慣病を予防するので、食べないほうがいいわけではありません。
吸収率を高めるビタミンDやたんぱく質を含む食材や、牛乳を上手に利用して、効率よくカルシウムを摂取するようにしましょう。

牛乳やチーズ、ヨーグルトなどはそのまま飲んだり食べたりできますが、毎日の食事やデザートなどに利用してもよいでしょう。代表的な乳製品は次のようなものです。

牛乳
たんぱく質や乳糖を含むので吸収率が高く、加熱によって栄養素が失われることがありません。日本人は、牛乳を飲むと下痢をする「乳糖不耐症」の人が多いですが、その場合には、乳糖を酵素に分解させた牛乳も市販されています。

スキムミルク
脱脂粉乳ともいい、牛乳の脂肪分を取り除いて乾燥させたものです。ほかの乳製品に比べ、エネルギーと脂質が少なく、エネルギー量を制限している人に適しています。

ヨーグルト
牛乳を乳酸菌で発酵させたもので、牛乳と同様の栄養素を含みます。牛乳よりも消化・吸収しやすく、腸内環境を整える乳酸菌がカルシウムの吸収を助けます。

チーズ
少量でも栄養素が高く、とりすぎには注意が必要です。含まれるカルシウムの量は種類によって異なります。とくに多いのは、パルメザンチーズとエメンタールチーズです。