足のしびれと腰痛

足のしびれと腰痛

腰痛と共に下肢に痺れを生じることがあります。

腰痛と足のしびれの関係ですが、筋肉疲労に関連する腰痛では足のしびれの症状が、一緒におきることはありません。

腰から足にかけては、体の中でも最も太くて長い坐骨神経が通っています。
この神経に沿って痛みやしびれを感じるようになるのが坐骨神経痛で、これはただの筋肉疲労で起こる腰痛とは違い、危険信号です。

原因として考えられるのは、椎間板の髄核が脱出したヘルニアや脊柱管の狭窄、腰椎のすべり症などによって神経を圧迫しているためです。つまり、その圧迫を取り除ければ痛みからは解放されます。

これらの疾患で起こる足のしびれは、重症の場合を除いてほとんどは左右どちらかに発症します。

足のしびれを伴う腰痛になった場合は、専門医を受診し、レントゲンやMRIなどで腰痛の状態を確認し、しびれや痛みの原因となっている疾患を特定して治療方法を検討してもらうことになります。

いずれにしても腰痛がいきなり足のしびれになることはありません。腰痛の初期に放置
することは危険ですから、たかが腰痛でそのうちに良くなるだろうなどと考えているとかえって長引いてしまいます。

脊柱管の狭窄で痺れが起こっている場合などは、治療が遅れると歩行困難や、排泄障害まで招いてしまうようになり日常生活が困難になってしまいます。

腰痛を感じたら早いうちに整形外科へ行って診療を受けることが転ばぬ先の杖という事になります。

また、痺れには、椎間板ヘルニア、変形性腰痛症などの神経障害で起こる痺れと、糖尿病や動脈硬化の場合などの血管障害でおこる痺れがあるのです。

また、アルコール依存症などによる神経障害や、寒さや老廃物の蓄積による神経の圧迫などで起こることもあります。

痺れは、痛みと違って我慢できるという事で、放置しがちです。
しかし、神経性、血管性のいずれの痺れでも、原因は必ずありますので、その原因を確定して治療していかないと命に関わることもあり得るのです。