腰痛とは

腰痛とは

人は2足歩行をするようになって腰への負担が増加し、腰痛になる可能性は誰しもが持っています。
腰痛は国民病といわれるほどで、日本人の8割は経験しているといわれています。

腰痛の原因は色々あり、痛みも多種多様で、腰部に感じる鈍痛、放散痛、激痛など、また腰を動かした時に感じる痛みもあれば、安静時にも感じる痛みもあります。

腰痛の原因疾患によっては、坐骨神経痛といわれる殿部痛、大腿部痛、下肢痛を伴うこともあります。
多くは、腰椎やその周辺の筋肉・椎間板・椎間関節に何かの原因で生じた不具合が、複雑に絡み合いながら発症し、徐々に慢性化してきます。

また、近年ではストレスなど心因性の問題が起因して起こる腰痛もあり、腰痛は複雑な社会的要因が絡んだ現代病だともいえます。

腰痛の多くは歩く事、重い物を持つ事などの一定の行動で筋肉の異常をきたし腰が痛むのですが、これらの腰痛は安静にしていると痛みがおさまります。

2足歩行の人間は、背骨で体の上半身を支える必要がありますが、健康な筋肉は背骨に替わって上半身を支えることができるぐらいn力を発揮します。

しかし、筋肉が疲労してしまうと、身体を支える力は弱くなり、負荷の多くは脊椎にかかり、脊椎の下部である腰椎は最も大きな負荷がかかる部位となります。。

また、筋肉が弱体化している時に、体の曲げ伸ばしや急激な大きな衝撃が加わることなどでさらに負荷をかける事になり、腰椎は耐え切れなくなってしまい問題が生じてくるのです
この場合には、まず、無理をしないで疲労の回復に努める事が第一です。

坐骨神経痛を発症する場合には、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など疑いがありますので、
痛みが少し軽快しても、必ず診察を受ける必要があります。

安静にしていても腰痛が治まらなくて血尿や腹痛も伴う場合は、内臓の疾患が原因となっている可能性があります。

腰痛の原因となりうる内臓の病気には、胃、腎臓、脾臓などの炎症や、尿路結石、腹部大動脈瘤、子宮内膜症、腹部や腰部の腫瘍など様々なものがあり、重症化する可能性もありますので、早急に病院で診察を受けるようにして下さい。