背骨の重要性

背骨の重要性

人の上半身を支える背骨は椎骨という小さな24個の骨が連なって出来ています。
上から頚椎:7個、胸椎:12個、腰椎:5個で、これに仙骨と尾骨が加わり骨盤に連結しています。

腰痛は主に腰椎や腰椎周辺の筋肉や他の組織に問題が生じた場合に発症することが多くなっています。

椎骨の間には椎間板があり椎骨同士のクッションの役割を果たしています。
頚椎の上には頭蓋骨があり頭を支え、胸椎には肋骨が繋がっていて肺や心臓などの臓器を守っています。

椎骨の腹側部(椎体)と背中側部(椎弓)の間には丸い空間があり、それが24個繋がることで脊柱管という管が形成され、中には生命を維持するために重要な脊髄神経が通っており、それをしっかりと守っています。

脊髄神経は脳の一部が伸びたものともいえます。
脊髄神経は第一腰椎あたりからたくさんの神経に枝分かれして馬尾神経の束となり体の各部位へ伸びています。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症によって馬尾神経や神経根が障害を受けると腰痛や坐骨神経痛などの症状が現れます。

脊柱管狭窄症で、重症化すると排泄に問題を生じたり、会陰部に違和感を感じるようになることがありますが、これは馬尾神経の束に直腸を司る神経が含まれているからです。

24個の椎骨は背中側の椎弓部で靭帯や椎間関節で繋がっていますが、これらの組織や椎骨そのものの変性などで、腰椎骨が下位の椎骨に対して前方に辷り出すことがあります。
これを腰椎変性すべり症といい、慢性腰痛の原因ともなっています。

腰椎変性すべり症では辷りだした椎骨が脊柱管を狭窄する事もあります。
また、椎骨が辷りだすと、人間の背骨に備わっている自然なカーブ(生理湾曲)が崩れ、これによって骨盤にゆがみなども生じる事から、腰痛の原因ともなります。

言うまでもなく背骨は重要な役目を果たしており、健康で正しい状態を保たなければなりませんが、加齢による変性は仕方がない事といえます。

しかし、筋肉を正常に保ち力強いものにしておけば、背骨(腰椎)にかかる負担を減らす事が出来、変性の速度も制御できます。

継続的な運動・・激しい物である必要はありません、ウォーキングなどで十分です・・や規則正しい栄養のバランスのとれた食事などで、加齢変性は遅らせることができるのです。