腰痛で歩けない場合の原因と対処法

腰痛で歩けない場合の原因と対処法

腰痛が辛すぎて歩けないという人もいるようですが、その原因は何なのでしょうか。

考えられる原因としては、ぎっくり腰やヘルニアといったことが挙げられます。ぎっくり腰の場合は急に起こるものですから、今まで腰痛なんて気にならなかった人でも起こる可能性があります。急に強い痛みを感じた後、歩くことも出来なくなってしまうでしょう。きっかけは人それぞれですが、たとえば重たい物を持ったり、くしゃみをした時などでも起こる可能性はあるのです。ぎっくり腰は年配の方に起こる場合もあれば、若い人でも起こることがありますので注意が必要です。それに、一回治ったとしても、定期的に頻繁にぎっくり腰になる人もいるのです。なので、一回でもぎっくり腰になったことがあるのなら、予防のために腰の筋力を付けることをオススメします。もしなってしまった場合は、安静にすることで治まることもありますし、治らなければ医療機関を受診するという方法もありますので、もしぎっくり腰の可能性があるのなら念のため受診してみましょう。

それから、椎間板ヘルニアの場合も歩行困難になることがあります。ヘルニアの場合は、最初は軽い腰痛のような症状から始まり、来庵説に違和感を感じたりすることもあるのですが、徐々に歩く時にいつも通り歩けないと感じるようになったり、痺れを感じることもあるのです。ヘルニアの場合は悪化すると手術によって治療することもありますので、早めに受診した方が良いでしょう。この痛みは非常に辛いものであり、我慢出来なくなる人も多いようです。

このように、腰痛によって歩けなくなってしまうほど痛みが強くなることもありますので、気になるのなら早めに受診して原因を特定し、必要があれば治療を受けることをオススメします。