腰痛が朝生じる原因とは?

腰痛が朝生じる原因とは?

毎朝腰痛で悩まされているという人は多いでしょう。実は、腰痛が朝生じるのにはいくつかの原因があるのです。その原因を把握することが腰痛改善に繋がりますので、まずは原因について紹介していきましょう。

皆さんはどのような姿勢で寝ているでしょうか。特に寝方については意識していない人もいるでしょうが、寝方が悪いために腰痛が生じている人は多いのです。たとえば、うつ伏せの状態で寝るのは避けた方が良いでしょう。うつ伏せに寝ることで背骨が沿った状態になりますので、良くありません。腰痛の人は横向きで、膝を抱えたような形で寝るのが負担が少なくて済むと言われていますので、寝方にも気を付けてみましょう。

また、仕事などによって腰に負担が溜まった状態で寝ると、朝起きた時に腰痛が生じやすいと言われています。普段、仕事で腰を使うことが多い方、前日に引っ越し作業をしたり、草むしりをしたなど、腰に負担を掛けるようなことをしていた場合は、それが原因ではないでしょうか。

もし、仕事上腰に負担が掛かることが多いのなら、その日のうちに腰痛を緩和する努力をした上で寝ることをおすすめします。そうすることで、朝起きた時の腰痛の度合いが変わってくるはずです。ストレッチをしたり、湿布を貼って温めるなど簡単なことで構いませんので、気を付けてみて下さい。

その他に、内臓疾患によって朝腰痛が生じやすいとも言われています。寝ている間に内臓に負担が掛かることで腰痛に繋がる場合がありますので、もし心当たりがあるのなら、医療機関で検査を受けた方が良いかもしれません。

このように、朝腰痛が生じる原因はいくつか挙げられますが、自分で予防できることも多いですから、まずは予防策から実践してみて下さい。