腰痛で仰向けになれない場合について

腰痛で仰向けになれない場合について

腰痛で悩んでいる人の中には、仰向けになると辛いと感じる場合もあるでしょう。実は、仰向けになることによって背骨が反る為、痛みを感じやすくなるのです。なので、仰向けになると腰痛が生じるというのは、決して不思議な事ではありません。ただ、腰痛を抱えていない人が仰向けになっても痛みなどは感じにくいでしょうが、仰向けになった時に痛みを感じるのなら、普段から腰に痛みを感じているはずです。その場合は、根本的に腰痛を改善する必要があるでしょう。

特に、柔らかい布団やベッドに寝ると、背骨が反った状態になりやすいと言えます。腰に負担が掛かってしまい、腰周辺の筋肉が固まった状態になってしまうのです。寝具の部分がきちんと背骨にあたっていて、痛みを緩和出来れば良いのですが、なかなかそういった寝具を使用している人は少ないでしょう。腰周辺の血流も悪化してしまうため、腰痛が悪化しやすいと言えます。

しかし、仰向けになると腰痛がひどくなると言っても、寝る時にどうすれば良いのか分からなくなってしまう人もいるでしょう。その場合には、寝方を工夫することをオススメします。

たとえば、寝る時に腰を支える為に、クッションなどを敷くことがポイントです。きちんと背骨のカーブに合わせて、腰に負担にならない程度の柔らかさ、高さのものを選んで下さい。また、仰向けになった時に腰痛を生じる人は、普段から腰周辺の筋肉が固まっている傾向にありますので、ストレッチやエクササイズも効果的です。重点的に、腰周辺の筋肉をほぐすことをオススメします。ただ、無理をし過ぎると反対に腰を痛めてしまいますので、その点は注意して下さい。

このように、仰向けの時に腰痛を生じる場合の対処法は多々ありますので、手軽に実践できることから試してみましょう。