腰痛と足のしびれが生じるのは病気が原因?

腰痛と足のしびれが生じるのは病気が原因?

腰痛と足のしびれが生じている場合には、何かしらの病気が関係している可能性があります。腰痛で悩む人は多いでしょうが、足のしびれまで感じると不安に思うでしょう。足のしびれは病気のサインである事も多いのです。

そもそも、なぜ足が痺れるのかと言うと、神経が圧迫されている可能性が高いのです。腰となると、腰の骨が歪むことで神経が圧迫される事もあるため、腰痛と足のしびれといった症状が現れやすいと言えます。

病気の可能性として挙げられるのは、坐骨神経痛です。これは、片足だけ痺れるということが起こりやすいですから、自分の症状をチェックしてみましょう。圧迫されることで足だけでなく、太ももやふくらはぎなどにも痛みが生じやすいのです。そのまま放置することで、徐々に傷みやしびれだけでなく、麻痺することもありますので注意が必要です。また、坐骨神経痛の場合、その他の病気が関係していることもあるのです。ただの痛みやしびれと思わずに受診しましょう。

続いて考えられるのは、腰椎椎間板ヘルニアです。これは、腰痛だけでなく、足に激しい痛みを伴いますので気づきやすいでしょう。最初は腰痛で済みますが、徐々にしびれや痛みが強くなるのです。椎間板は年齢を重ねるにつれて出っ張ることがあり、それが神経を圧迫することで痛みやしびれが生じるようになります。放置するのは危険ですので、早めに受診しましょう。

放置することで足のしびれや腰痛がひどくなると、治療にも時間が掛かるでしょうし、日常生活にも支障をきたすはずです。そうならないためにも、不安に思う気持ちはあるでしょうが、原因を特定するためにも受診しましょう。