腰痛の人は椅子の座り方・選び方に注意して!

腰痛の人は椅子の座り方・選び方に注意して!

腰痛がひどいのであれば、椅子の座り方や選び方にも注意をする必要があります。誰でも、長時間同じ姿勢で椅子に座っていると疲れてしまうでしょうし、何より腰にも負担が掛かって痛みを伴うはずです。本来なら、椅子に長時間座らないのが一番ですが、仕事などの都合によって避けられない場合もあるでしょう。その際には、まず椅子自体や座り方に注意してみて下さい。

最も良いのは、足を開いた状態で座面部分にしっかりとお尻を安定させて座る方法です。お尻をつきだしたような形で、背筋をピンと伸ばすことが大切です。しかし、足を開いて座るというのは、なかなか女性の場合難しいでしょう。それなら、背もたれの高さをきちんと調節して、床に足の裏がしっかりと付いた状態で、膝が直角になるようにして下さい。後はあごを引いた状態で座るというのが、最も良い座り方になります。

その上で、腰痛になりづらい椅子を選びましょう。たとえば、座面部分はクッション性が高いものを選んだり、背もたれ部分も柔らかいものを選ぶのがオススメです。また、骨盤の歪みを矯正できるような椅子も存在します。骨盤の歪みから腰痛を引き起こすこともありますので、骨盤が歪んでいる可能性があるのなら、そのような椅子を使用してみても良いでしょう。

ただ、それでも長時間椅子に座るのは本来避けるべきですので、定期的に休憩して体を動かすようにするのがオススメです。軽いストレッチでも良いですから、腰の痛みをなるべく緩和するように工夫してみましょう。そのような工夫を行うことで、腰痛が少しでも改善されるのではないでしょうか。