脊柱管狭窄症

腰痛改善・解消ストレッチ「福辻式」DVD


※腰痛改善・解消ストレッチ「福辻式」DVDは全ての方に必ず効果があることを保証するものではありません。効果には個人差があります。
HOME > 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症も改善が可能。歩けるようになる。

  • 病院のレントゲンやMRIで、脊柱管狭窄症と診断され、手術を勧められて怖くなっている。
  • 歩くと、痛みやシビレが出て(間欠跛行)休み休み歩くのが辛い。
  • 牽引療法を実施してみたけど、効果がなかった。または、痛みが増してしまった。
  • このまま放置すると、いずれ歩けなくなるのでは・・と不安で仕方がない。

あなたはこのような悩みはないでしょうか?

脊柱管狭窄症を図解でわかりやすく解説します。

脊柱管狭窄症は、腰部の脊柱管という部分が何らかの原因で狭くなって、その中の神経が圧迫されて血流が悪くなり、痛みやシビレが出るものです。歩いていると症状が出る間欠跛行(かんけつはこう)や、前かがみの姿勢が楽になるという症状が特徴です。ひどくなると排尿障害の症状も現れます。長時間正座をすると脚の血流が悪くなって痛くなり、脚を崩した時にシビレて感覚がなくなって歩けない、と似たような原理です。

脊柱管の中の神経は、こんなかんじで通っている。脊柱管の断面図

神経が圧迫されると、血流が悪くなる。歩けない・シビレ

原因は様々で、筋肉や骨格の影響で狭くなっているケース、椎間板ヘルニアで飛び出た椎間板で狭くなっているケース、生まれつき狭くなっているケース、原因不明など様々です。

病院でレントゲンやMRIの検査を実施して、その結果をご覧になりましたか?おもむろに写真を見せられ「狭くなってますね、手術しかありません」と言われ青ざめてしまいます。・・そんなこと言われると、怖くなりますよね。そうやって、私の鍼灸院に、藁をもすがる思いでやってくるのです。

脊柱管狭窄症の方には、どのような施術を行っているのか

アスカ鍼灸治療院でも、脊柱管狭窄症の患者様はたくさんいらっしゃいます。特に珍しいことではありません。施術方法としては、主に筋肉を柔軟にする針やきゅう、骨格のバランスを整える整体の施術をします。実は、一般的な慢性腰痛の方と殆ど同じ施術を行っています。殆どの方は、その日のうちに痛みやしびれが改善され、気持ちよく足取り軽く帰宅して頂いています。「先生!一度も休まずに帰宅できました!」と喜んで頂いています。もちろん、何回か通って頂く必要はあります。

「筋肉と骨格を何とかしても、だめでしょう」

と思われるかもしれませんが、違います。

まず、骨格が歪んで脊柱管が狭窄されているケースは、骨格が整えば脊柱管が広がりますので、改善されます。また、筋肉を柔軟にすることで、自然と歪んだ骨格が整いますので、これも同じく改善です。これはとてもわかりやすいですね。

筋肉と骨格を整えても、脊柱管が狭窄されている場合は?

「筋肉と骨格を何とかしても、脊柱管が広がらなかったら、どうするんですか?」

結論から申し上げますと痛みやシビレなどの症状を改善することは可能です。しかも脊柱管が狭窄された状態でもです。どうして可能なのか、解説します。

実は60歳以上の、なんと87パーセントの方が脊柱管狭窄症である、という論文があります。これでは、街中に高齢者の方が殆ど歩いていない状態になるはずですが、そうではないですね。そのことから、脊柱管狭窄症でも、痛みやシビレがない人がいるということがわかります。

ご存じの通り、脊柱管狭窄症は高齢の方に多いです。これは、高齢の方は加齢・疲労・生活習慣のせいで、筋肉が硬直し、血流が悪くなっているから、痛みやシビレの症状が出やすい、ということなのです。ちなみに、血流が悪くなると高血圧になります。高血圧が高齢の方に多いのも、そのためです。

脊柱管狭窄症は入浴や足湯、ホットパックやカイロなどで温めて血流を改善すると楽になるというのを、ご存じかと思います。温めることで、血流が良くなると、神経の伝達がスムーズになって痛みやシビレがなくなるためです。しかし、外側から温めても、一時的なその場しのぎにしかなりません。根本的に血流を良くすることが痛みシビレの根絶につながります。

血流を良くして、痛みやシビレを改善するには?

脊柱管の中に入っている神経は、周辺の筋肉に繋がっています。つまり、筋肉を柔軟にすると、それに連動して、脊柱管の中の神経の血流が良くなるのです。さらに骨格を正常に整えることでも、血流は改善します。

脊柱管狭窄症の方は、痛みやシビレをかばうせいで、無理に力んで、筋肉が硬くなって血流が悪くなり、さらに痛みやしびれが増してしまう。また、筋肉の硬直で慢性腰痛の痛みを併発している、という悪循環に陥っている方が非常に多いです。脊柱管狭窄症の方は、施術の際に体を少し触れるだけで、骨格のゆがみと筋肉の硬さが手に取るようにわかります。

脊柱管が狭くなった状態でも、血流改善で、痛みを改善することが可能なのです。

硬い筋肉の場合、血流が悪くなる。シビレ・間欠跛行出歩けなくなる。やわらかい筋肉の場合は、血流が良いのでしびれない・歩ける。

脊柱管狭窄症の方向けに、私が鍼灸院で実施している施術と、同じくらいの効果を発揮する、自宅で一人で簡単にできる、脊柱管狭窄症の改善DVDを開発しました。「腰痛改善」という商品名がついていますが、脊柱管狭窄症の方も適応になります。

あなたにやって頂くことはとても簡単なストレッチを一日5分程度です。骨格と筋肉を整えるストレッチです。同時に、一時的な痛みを緩和させる動きも採用しています。これで辛い痛みやしびれから、早期に解放され、病院で手術をする必要もなく、整体に何度も通う必要もなくなることが期待できます。悪い話ではありませんね。

私が長年の脊柱管狭窄症の施術経験から開発した、東洋医学の理に適ったエクササイズです。今まで脊柱管狭窄症のせいで、不安な毎日を過ごしたり、外出もできず、積極的になれなかった方も、今日からその悩みを解消してみませんか?


脊柱管狭窄症の改善事例。

主人が、症状のひどい脊柱管狭窄症。
歩き方が少しずつ良くなっていました。

ストレッチ直後、痛みが軽減。1週間後、ほとんど痛みがなく、夜に疲れが足のももに出る程度に。更に1週間後、夜の疲れの腿の痛みもなくなり、更に腰痛の腰の張りもな少なく、腰が軽くなりました。

脊柱管狭窄症・・最初は詐欺販売と疑ってしまった。
実践で痛みが7→1になり、上向きで寝られるように。

脊柱管狭窄症の痛みが1に。





HOME | 自己紹介 | 腰痛改善・解消ストレッチ「福辻式」 | よくある質問 | お客様の声 | お申し込み | プライバシーポリシー | 会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | お問い合わせ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。